Log Book 雑記 - ヒロシコジマ・ドットコム プロアングラー小島宏がアメリカから100%自作運営する公式サイト。アメリカのバス釣り、バスボート、アメリカンルアー、プロトーナメント情報などを発信

hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com
Advertisements

メニュー



ケータイ・スマホQR

QRコード
スマホ専用ページへ

Advertisements

Log Book 雑記


レンジャーボート丸ごと買いませんか? 2014/10/3(金)

添付画像 いやいや、ボート1台とかそんなセコイ話ではなく、会社をまとめて丸ごと買わないか?と言う壮大なスケールの話です、ハイ。

レンジャーボート、トライトン、ストラトスを所有する投資会社のプラティナム・イクイティが、どうやらレンジャー社を売りに出しているようです。

会社の営業利益評価額が25ミリオン(約25億円)と言われるレンジャー社ですが、初回の希望売り出し価格はなんとその10倍の250ミリオン!…で、当然のごとく誰も手を出さないまま入札は終わったらしいです。
で、今はその次の2度目の入札待ち状態だそうです。250ミリオンドル以下でも入札できるんでしょうか…まぁ所詮私には関係のない話ですが。

前オーナーのアーウィン・ジェイコブス(今もトーナメント団体FLWの所有者)は、ジェンマー・ホールディングスという自分の会社がチャプターイレブン(連邦破産法第11章)に基づいた破産を行った2010年に、レンジャーボート社をプラティナム・イクイティに70ミリオンドルで売ったと言われています。

プラティナム・イクイティは、2014年の6月にRBH部門(Four Winns, Glastron, Wellcraft, Scarab boatsのプレジャーボートを扱う)を既に売って手放しています。おそらく同じ流れで、バスボート部門も売り抜け時だという判断なのでしょう。

70ミリオンで買って、4年運転して、250ミリオンで売る…イヤ、さすがに250では売れないでしょうが、70ミリオン以上で売るわけですよ。それが彼らの「本業」ですから。プラティナムは投資会社ですから、「企業を安く買って、高く売る」のが本来の目的であり、レンジャーボートをジェイコブスから買ったのはバス釣りが好きだからでもなく、ボート作りがしたかったからでもありません。所詮、金儲けの「コマ」として今まで寝かせていただけであり、レンジャーはいずれこうやって売り飛ばされる運命であろう事は、誰が考えても明らかでした。

ですから、今回こうやって売りに出されていること自体に関しては当然の流れであり特に驚きは感じないのですが、気になるのはプラティナムがレンジャーを買収した後に追加買収した、ストラトスとトライトンはどうするの?ってことです。

トライトンなんて、創業者のアールベンツから買収したマーキュリー(ブランズウィック・グループ)からわざわざ買収したのに、いったいどうするんでしょうか。
もし、トライトンも別枠で売りに出ているとすれば、レンジャーと同じくもうこれで3度目の身売りということになります。
最近あまり新艇を見かけないストラトスに至っては…買い手が見つかるのか?

そのあたりの細かい台所事情はまったくオープンにされていない現状ですが、アメリカのバスボート大好きな人たちの間ではもっぱら「レンジャーは誰かが買うだろうが、もうこのタイミングでトライトンとストラトスは消滅してしまうのでは?」と危惧されているらしいです。
実際、プラティナムは「チャンピオン」を買収したものの、作り続ける事を断念してブランドそのものを消滅させてしまった前例があるだけに、さすがはお金と数字が全ての投資会社、そのあたりの未練というか、躊躇や迷いは一切無いでしょう。

今後良い数字を得るためなら、トライトンとストラトスの消滅も売り飛ばしもどちらのシナリオもあり得るだけに、このレンジャー社売り飛ばしイベント?の結末は別の意味でも要注目です。

はてなブックマークに追加

Advertisements

HiroshiKojima.com consists of Japanese language only.
Copyright ©2003- HiroshiKojima All Rights Reserved.
No articles, images or logos contained within this site may be used without the expressed written permission of Hiroshi Kojima.
小島宏が発行した許可書を有する場合を除き、このサイトに掲載している記事・画像・ロゴの無断使用は堅く禁じます。