Log Book 雑記 - ヒロシコジマ・ドットコム プロアングラー小島宏がアメリカから100%自作運営する公式サイト。アメリカのバス釣り、バスボート、アメリカンルアー、プロトーナメント情報などを発信

hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com
Advertisements

メニュー



ケータイ・スマホQR

QRコード
スマホ専用ページへ

Advertisements

Log Book 雑記


竜巻から命を守るストームシェルター 2014/8/12(火)

添付画像 添付画像
私の住むアラバマ州北部にも大きな被害をもたらした2014年4月下旬の竜巻があってからというもの、これまではこの辺りであまり見かけることのなかった商品が頻繁に屋外展示されるようになってきました。

実際に私の住む町内でも竜巻で命を落とされた方々がおられたように、竜巻の地面へのタッチダウンが起こった際にはかなりの命の危険を伴います。

頻繁に売り出し中となっているこの商品は「ストームシェルター」と呼ばれるプライベート設置の避難場所。危険から命を守るべく、自宅の敷地内に事前に準備をしておきましょうという設備です。

強い竜巻がタッチダウンした場合、建物や車、もちろんボートなども陸上にあるものの全てがバラバラに分解されながら上空へ吸い上げられてしまう現象が起こります。しかし、地下室のように地面よりも低い地中にある建造物はまず吸い上げられることはありません。
ですから、もともと家を建てたときに地下室が作ってあるなら、竜巻警報のサイレンが鳴ったらすぐに家族全員地下室へ逃げ込むのが良しとされています。(2階建てが少なく平屋建てが多いアメリカの田舎では、建築時に2階の代わりに地下室を作る場合が多い)

このストームシェルターは、もともと地下室の無いお家の所有者でも、あとから避難用の小型地下室を追加できる商品というわけです。

展示品があったのは、いつも行くホームセンターLowe's
展示品があったのは、いつも行くホームセンターLowe's

ストームシェルター
ストームシェルター外観

ストームシェルター設置説明図
ストームシェルターの設置方法が載った説明図

高さ(縦の深さ)が2メーターよりも少し浅いぐらい、横幅は2メーターを少し越えるぐらいの大きさでしょうか。
この鉄のボックスがすっぽり埋まる大きさの四角い穴を地面に堀り、ボックスの上面が地面とフラットになるように埋め込みます。
ボックスの上面、つまり地面にツライチになる面には引き戸タイプの強固な鉄の扉が付いていて、その扉をスライドさせて中へ入ったら、扉をスライドして戻してガッチリと戸締りをロックできる仕組みです。

シェルターの上面、出入り口の扉(閉まった状態)
シェルターの上面、出入り口の扉(閉まった状態)

出入り口の扉を開けた状態
出入り口の扉を開けた状態

早い話が鉄の箱の上に出入り口のスライドドアを付けただけ、という商品なワケですが、鉄製ゆえの重さと頑丈さで身を守る、まるで戦車(タンク)のような発想にアメリカらしさを感じてしまいます。
これ、いつも行く材料屋で分厚い鉄板を買ってきて溶接したら自作できるよなぁ…と思ってしまった私はアホでしょうか(笑)
おそらくこのボックスの購入費よりも、地面に穴を掘って埋め込んでもらう作業工賃のほうが高かったりするのでしょうが、それももし自作するならショベルカーをレントで借りてきて自分でやったら安いし面白いだろうなぁ…と想像。

しかし残念ながら今の私は借家に毎月家賃を払って住んでいる身ですので、このストームシェルターを勝手に庭に埋め込むことはおろか、地下室さえ付いていません。
ですから、この前の竜巻のときのように「最寄りのなるべく大きな鉄筋構造の建物」を目指して車で自走して逃げなけらばならず、もしも逃げる途中で上空から竜巻が道路に降りてきてタッチダウンしたら吸い込まれてハイおしまいです…。

何かがまかり間違って、もしもビッグトーナメントで優勝し、税金対策で大きな家を購入するなんてことに(もしかして)なったら、ぜひストームシェルターか立派な地下室を作りたいと夢見る日々であります(笑)

シェルターの中へ降りていく階段
シェルターの中へ降りていく階段

シェルターの中で座るベンチ部分
シェルターの中で座るベンチ部分

もし(かなりの「Big if...」ですが!)そんな夢がかなってシェルターを作るなら、こんな殺風景なベンチではなく、壁に液晶画面を埋め込んでインターネットかケーブルTV放送で外部の情報が見れるようにして、ちょっとした食料と水の貯蔵庫なんかもセッティングしたい、という具合にますます想像が膨らんでしまいます。

しかしいくらこの鉄の箱の中を覗きこんでいても、想像するだけしかすることが無いので(笑)時間の無駄、さっさと離れてホームセンターの中へこの日の目的の買い物である「公告の品」格安2X4木材を買いに入っていったのでした…。

はてなブックマークに追加

Advertisements

HiroshiKojima.com consists of Japanese language only.
Copyright ©2003- HiroshiKojima All Rights Reserved.
No articles, images or logos contained within this site may be used without the expressed written permission of Hiroshi Kojima.
小島宏が発行した許可書を有する場合を除き、このサイトに掲載している記事・画像・ロゴの無断使用は堅く禁じます。