Log Book 雑記 - ヒロシコジマ・ドットコム プロアングラー小島宏がアメリカから100%自作運営する公式サイト。アメリカのバス釣り、バスボート、アメリカンルアー、プロトーナメント情報などを発信

hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com
Advertisements

メニュー



ケータイ・スマホQR

QRコード
スマホ専用ページへ

Advertisements

Log Book 雑記


プラノといえば… 2013/2/12(火)

添付画像 添付画像
アメリカ製のタックルボックスやユーティリティーケース(薄型の透明ボックス)といえば、すぐに思い浮かぶのがPLANO(プラノ)ではないでしょうか。

特に定番中の定番、ユーティリティーケース3700番系なんて、持っていない人はほとんど居ないのではないか?と思うほどの普及率を誇るプラノですが、みなさんはプラノを「タックルボックスメーカー」だと思っていませんでしたか?

実はタックルボックスだけを作っているのではなく、ああいう素材でできる家庭用品をもっとイロイロ作っているようです。
(写真1:大型スーパーのグリーティングカード売り場横で売っていたPLANO製の棚)
(写真2:4段置きのヘビーデューティー、ガレージ内の壁沿いに置くようなタイプですね)
ウォルマート、Kマートなどアメリカの一般大型店に行くと、こういった家庭用の整理グッズに関連する商品を多く目にします。むしろ、釣りをやらない人から見れば「プラノって、釣具のケースなんかも作っているのか…知らんかった」みたいな逆の感想もあったりして。

バスフィッシングの本場アメリカですら、タックルボックスだけを作っているだけでは経営は長続きしないということですかね。
釣具関連もやりつつ社会一般に需要のあるジャンルも並行してやっていくというのが、長年の歴史で得たリスクマネジメント経営の結論なのかもしれません。

この世の中、釣り関係だけで食っていくというのはホンマに難しいことだ、っちゅうことを表す一例だと思います。

はてなブックマークに追加

Advertisements

HiroshiKojima.com consists of Japanese language only.
Copyright ©2003- HiroshiKojima All Rights Reserved.
No articles, images or logos contained within this site may be used without the expressed written permission of Hiroshi Kojima.
小島宏が発行した許可書を有する場合を除き、このサイトに掲載している記事・画像・ロゴの無断使用は堅く禁じます。