The Foods USA アメリカの食事 - ヒロシコジマ・ドットコム プロアングラー小島宏がアメリカから100%自作運営する公式サイト。アメリカのバス釣り、バスボート、アメリカンルアー、プロトーナメント情報などを発信

hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com
Advertisements

メニュー



ケータイ・スマホQR

QRコード
スマホ専用ページへ

Advertisements

The Foods USA アメリカの食事


Po-Boyエビフライサンド 2014/10/13(月)

添付画像 添付画像
以前にこちらTheFoodsUsaにてご紹介したフライドチキンの「Popyes」には、フライドチキン以外にも隠れた名品があります。

南部ルイジアナ州が発祥のポパイズらしく、シーフードの小エビを使ったエビフライサンドイッチで、Po-Boyというものです。
Po-Boyはこれまたルイジアナでは歴史ある郷土料理的な存在ですが、料理と言うよりも単純なサンドイッチです。
フランスパンのようなタイプのブレッドを使ってあるところは、アメリカ南北戦争以前のフランス植民地時代の名残なのだろうか?

とにかく日本人とは交流が少なく、日本から最も縁遠い地域の南部。
そのひとつであるルイジアナ州では知られたPo-Boyですが、日本人がこれを知ったり見たり食したりする機会は非常に稀だと思われます。

フライドチキン屋なのに、このPo-Boyをメニューに大々的に押し出してアピールしてしまうところに、Popyesの「ルイジアナ魂」を感じます。

具材のエビは日本のエビフライのような大型のものはアメリカではあまり見かけず、むしろこのPo-Boyに入っているような小エビがアメリカの食卓では主流です。
なんで国の大きさとこれだけは正反対なのか?「ゴキブリの大きさ」と全く同じ法則性に不思議を感じます…(日本のゴキブリは巨大!アメリカのは小指の爪みたいに小さい)

このアメリカの食卓では主流の小エビ、スーパーマーケットの冷凍食品売り場で値段を見ると一目瞭然なのですが、同じボリュームだとチキン・ポーク・ビーフなどの肉に比べてかなり割高です。
周囲を豊かな海に囲まれた日本の恵まれたシーフード環境に比べると、アメリカの内陸ではシーフードは貴重品。
国土がでかすぎて内陸と海の沿岸までの距離が遠すぎるが故に、特に内陸部では海産物は高価格になってしまうという現実を目の当たりに…。

Popeyesでもメインの商品であるフライドチキンに比べると、このPo-Boyはけっこう割高です。
ですが、揚げたてのカリッとした小エビフライがたくさん入ったこのサンドイッチは、私のお気に入りです。

はてなブックマークに追加

Advertisements

HiroshiKojima.com consists of Japanese language only.
Copyright ©2003- HiroshiKojima All Rights Reserved.
No articles, images or logos contained within this site may be used without the expressed written permission of Hiroshi Kojima.
小島宏が発行した許可書を有する場合を除き、このサイトに掲載している記事・画像・ロゴの無断使用は堅く禁じます。