Fishing アメリカのバス釣り - ヒロシコジマ・ドットコム プロアングラー小島宏がアメリカから100%自作運営する公式サイト。アメリカのバス釣り、バスボート、アメリカンルアー、プロトーナメント情報などを発信

hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com
Advertisements

メニュー



ケータイ・スマホQR

QRコード
スマホ専用ページへ

Advertisements

Fishing アメリカのバス釣り


ノーマンルアーズ身売りの続報 2015/12/3(木)

添付画像 「ノーマンルアーズまでもプラドコに吸収される」の続報です。

前記事ではあえて触れませんでしたが、この展開になると多くの人が…ということは、ひょっとして?と考え付く今後の予想が一つあります。

それは、プラドコという大企業の歯車のひとつとして吸収されたノーマンというブランドが、これまでガンコなまでに頑なに続けてきた一つの姿勢「Made in U.S.A.」の崩壊の危機です。アメリカンクランク、特にプラスチック製といえばノーマン、ノーマンといえばMade in USAと言っても過言ではないアメリカを象徴するクランクメーカー…でした。

プラドコへの身売りが発表されると、それに続くかのように今度は「アーカンソー州にあるノーマン工場が他のメーカーへ売り渡された」との情報が入ってきました。
歴史あるノーマン工場を買い取ったのは、同じくアメリカの国旗デザインをパッケージなどに取り入れることの多いあのメーカー「Luck-E-Strike」。当て字ですが、ラッキーストライクと読みます。(厳密にはラッキーストライク社単体がノーマン工場を買い取ったのではなく、他のルアーブランドも所有する親会社によるものだそうです。)

ラッキークラフト(名前は似ているが全く違う日本のメーカー)とバスプロショップスのコラボ商品としてRCクランクという空前の大ヒット作を生み出したリック・クラン御大も、今はラッキーストライク社からRCシリーズのクランクをシグネイチャーモデルとしてリリースしています。まぁお世辞にもオリジリティを感じるとはいい難い、それこそラッキークラフト+BPS時代のモロパクリというか、ちょっとだけ変更を加えた焼き直しみたいに見えてしまうルアーですが…。
他には、例のメガバスのワンテンにそっくりな…というかモロコピーのジャークベイト(ミノープラグ)もありますね。あれも、ラッキーストライクです。

そのほかには、2012年のバスマスター・クラシック、レッドリバー戦のウイナーであるフロリダ出身で今はアラバマ州ガンタースビルに住んでいるクリス・レーン(レーン兄弟の弟のほう)がソフトベイトで現在は契約しているようです。
クリス・レーンも以前はソフトベイトはギャンブラー社との契約でしたが、たしかクラシックを勝ったころのタイミングでラッキーストライクに移籍しています。

そんな感じで、大物プロに移籍を持ちかけて契約することで徐々に駒を推し進めてきたラッキーストライクが、今度は大物の工場を買い取る(引き継ぐ)という戦略に出たようです。
現時点で一つだけはっきりしているのは、工場を買い取ったラッキーストライクが今後「Made in USA」でプラスチック製のハードルアーを製造する準備が整った、ということです。

一方、同時進行でもう一つの懸念が生まれます。

「工場を売っちゃったノーマンは、これからどこで作るの?」

という素朴な疑問です。

その疑問の答えは、ブランドを買い取ったプラドコのみぞ知る、と言ったところでしょうが…。現時点でプラドコグループの所有するほとんどのハードプラグ、たとえばレーベル、へドン、アーボガスト…などなどのルアーは軒並み中国製になっています。ついこの前プラドコに吸収されたバンディットなんて、まるでお膳立てしていたかのようにすでに中国製に変更してからすぐのタイミングでの身売りでした。

…中国製のノーマン……アメリカンクランク好きの方で、当サイトをご覧いただいている方も多いかと思われますが、私個人の感想として言わせてもらえば……
もう一度いいます、中国製のノーマン……有り得ん…ノーマンなのに……(遠い目)

前回の記事「ノーマンルアーズまでもプラドコに吸収される」の結びでも同じ言葉でしめくくりましたが…もし私の懸念が避けられない現実となるのであれば、「サビシイです…」

はてなブックマークに追加

Advertisements

HiroshiKojima.com consists of Japanese language only.
Copyright ©2003- HiroshiKojima All Rights Reserved.
No articles, images or logos contained within this site may be used without the expressed written permission of Hiroshi Kojima.
小島宏が発行した許可書を有する場合を除き、このサイトに掲載している記事・画像・ロゴの無断使用は堅く禁じます。