Fishing アメリカのバス釣り - ヒロシコジマ・ドットコム プロアングラー小島宏がアメリカから100%自作運営する公式サイト。アメリカのバス釣り、バスボート、アメリカンルアー、プロトーナメント情報などを発信

hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com hiroshikojima.com
Advertisements

メニュー



ケータイ・スマホQR

QRコード
スマホ専用ページへ

Advertisements

Fishing アメリカのバス釣り


BFL最終戦は37位、年間順位は23位で終了 2013/10/1(火)

添付画像 添付画像
タイトルのとおりです。最終戦ミッチェルはバツグンのプラクティスが裏目に出て(?)、試合では苦戦しリミットに1匹満たない4匹のウエイインでヒヤヒヤでしたが、ほかの選手も同じように試合当日は苦戦していたようで、37位という無難な順位で私の今シーズンBFL Bamaは幕を閉じました。
2日目の決勝進出カットは14位でしたので、まぁその点でも悔いなく割りきれる順位です。

当初の目標であった、年間成績Top40に入ってリージョナル・チャンピオンシップへの切符を手に入れるというノルマも余裕で達成の、年間成績23位は上出来です。
ユーファウラを除くほか4箇所すべての湖が、行くのも見るのも生まれて初めてという状態でしたので、地元アングラーを中心に構成されているBFLトーナメントの性質上、私のプランはかなりチャレンジャーな参戦でしたが、終わってみれば何とかなりました。
逆に余裕のない状況で必死に追い詰められて駆け抜けたので、良かったのかもしれません。ま、終わってからなら何とでも言えるのがスポーツですから(バス釣りがスポーツなのかどうかは別として)、この辺で自分を振り返るのはやめておきます。

それよりも、リージョナルへの進出を手に入れてしまったので、急にまた忙しくなってきました。
チャンピオンシップの会場となるのは、お隣の州ジョージアと、さらに東隣のサウスカロライナ州との州境にある「レイク・ハートウェル」というところです。サバンナ・リバー水系ですね。
…ハイ、もちろん今まで行ったことも見たこともありません(笑)

試合は10月の17、18、19日で3dayですが、2日目終了の時点でTop12のカットがあり、3日目は12位以内に入らないと出られません。
これまでのBFLのレギュラー戦とは異なり、オフリミット(1週間前のプラクティス禁止期間)が設けられているため、私のようなハートウェル初体験の「よそ者」にとっては直前のプラ4日半のみで勝負する以外には、2週間前に早々に現地入りしてプリ・プラクティスを遂行する以外に選択肢がないわけです。
オフリミットは5日間もあり、その間家に帰るといっても距離が遠すぎてガソリン代がアホみたいにかかるので、動かずにじっとしていたほうがよっぽどマシだから現地で過ごそうと思うのですが、釣りは禁止でできない期間なので…キャンプ場でボーっと何すんの…?という心配をするよりも前に、これから急ぎ足で準備をして出発しても、おそらくプリ・プラクティスはせいぜい4〜5日できれば精一杯だろうなぁ。
ハートウェルはけっこう大きな湖で、しかも大小さまざまなクリークやコーブ、ポケット(いわゆるワンド形状)が毛細血管のように入り組んでいる地形ですから、はっきり言って完璧なプラクティスなんて2ヶ月あっても足りるかどうか?というような規模なんですが、まぁいつものごとく、私の場合は自分に与えられた条件でやれる範囲で精一杯やるしか方法がないので、自分なりのベストを尽くします。

というわけで、おそらく次の更新はハートウェルのキャンプ場あたりからになるかと思いますが、うまく更新できるかどうかはキャンプ場周辺の携帯電話データ通信4GLTE回線の電波状況しだいでしょう(笑)

エントリーフィー無料の招待試合なので、やる気満々です。がんばりますよ!

はてなブックマークに追加

Advertisements

HiroshiKojima.com consists of Japanese language only.
Copyright ©2003- HiroshiKojima All Rights Reserved.
No articles, images or logos contained within this site may be used without the expressed written permission of Hiroshi Kojima.
小島宏が発行した許可書を有する場合を除き、このサイトに掲載している記事・画像・ロゴの無断使用は堅く禁じます。